LOG IN

好きなことに夢中になればいいかもしれない。2.6.2の法則

by なべちゃん(ワタナベタカユキ)
LINE it!

僕が東京に住んでいる時にとあるセミナー(怪しくないよ)に参加した時に「2.6.2の法則」というのを講師の方が説明していてすごくおもしろい法則だなと感心したことがあります。

話を進める前に、この「2.6.2の法則」の説明を簡単に説明しますね。

人間の集団行動で必ずできる法則

人間が集団を構成すると、
『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』という構成になりやすいという法則なんですね。


例えば、集団で何らかの活動をした時に
2割の人が、率先してリーダーシップを発揮する。
6割の人が、そのリーダーシップに引っぱられて働いて、
2割の人が、ボーっとしてるだけだったり。
そんな傾向があるんだとか。


ここからおもしろいことに

その2割のぼーっとしてる人達を除いたとします。
ですが、残りのメンバーの約2割の人が、新たにぼーっとし始めます。


ぼーっとしてる人だけが増えるのかと言えばそうではなくて、
ぼーっとしてる人ばかりを集めてグループを作り活動をするとその中の約2割の人がリーダーシップを発揮し始めるんです(笑)


それで、6割の人は、それに引っぱられて動き始める。

おもろくないですか?(笑)

この法則って僕はこう当てはめたりしてます。

自分から燃える人

自分から燃える人って僕自身めっちゃ憧れだしなりたい自分。理想の自分なのかな?なんて思います。

こんな感じの人が該当するんじゃないかなと。

燃やせば燃える人
僕とか、ほんとに10代はここの人。今も当てはまってたりするんですが何もできてないなーって気づくようになって出来るだけ自分で燃えようと頑張ってます(笑)

あれ?ちょっと言いたいこと言えてない気がしますがこんな感じですかね。

燃やしても燃えない人

もうこの人は何を何を言っても燃えません(笑)

アンチとかそゆのにも当てはまる

ここから僕の考え。この上の構造って
「アンチがいると言う事はファンがいるね!」
と言ったことのわかりやすい図ではないかななんて思ってます。
実際、僕が運営してるサイトのファンの方もいらっしゃいます。2割の熱狂的なファンは、何をしても受け入れてファンのままなんです。
そして間の6割のファンはいろんな意見があるんじゃないかな?なんて思います。
ただ嫌いでもないしどちらかと言えばファン。でも、嫌いにもなれるかもしれない。
アンチは、もう何やってもアンチ。影で文句は言うわ、ある事ないこと言うような人が該当すると思ってます。

結局、この2.6.2の法則はどんな人数になろうが変わらない法則です。つまり、好きなようにしてれば本当に好きで居てくれる人、どっちつかずだけど見守ってくれる人、何しても文句言ってる人に分かれるんだから
好きなことにとことん夢中にならないとだめなんじゃないのかな?

読んだらいいね!シェアよろしくお願いします。

LINE it!





なべちゃん(ワタナベタカユキ)
OTHER SNAPS